FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエローカード?

さて、本日
連日の通院での抗生物質の投与を終え、来週に控えた入院及び手術に向けて
担当の医師と話し合い(オイラ(患者側)の理解と同意)を済ませたわけです。


いよいよですね。


半年以上耐え続けた病気に真正面から戦うことになるわけだから
それはそれで・・・・・お金がかかります←そっちかい(笑)
 
まぁ冗談は置いといて、健康な体を取り戻す第一歩ですから、正直希望があります。
昔のようには戻れない。 だけど健康でいられる。
現状をふまえれば、リアルな理想像が健康体ですからっ


病気になった経験がある方は、痛い程体験としてお持ちでしょうが、
病気にまだ縁がない方も、このブログを見てくれたりもするので書きますと、


病気を患うと、健康を手に入れることが、もちろん一番の願いではあるんだけど
それと同じくらい(それ以上と言っても決して過言じゃないくらい)
家族や皆の負担になりたくないって思いが強いんです。



だから治療を進めていくことで家族や周りの負担を軽減できることが
手術を決断する大きな動機にも成り得るってこと。 なんですよねっ(笑)

病気に関しては、確かにその病気と闘うのは一個人となりますが、実際は独りで戦うものではありません。
家族然りですが、医師や看護スタッフの皆さんを始め、多くの方のお力をお借りして向き合えるわけです。

だから綺麗事抜きにしても
そういった治療できる環境に自分がいることに、ただただ感謝です。



オイラ患っている胆管の奇形は奇形の中でも特殊な部類になるそうで、Ⅳ型といって
一般的(Ⅰ~Ⅲ型)には総胆管の一部が嚢腫状に拡張するらしいのですが、
Ⅳ型は総胆管及び胆管が嚢腫状に多発的に拡張するものらしい。

嚢腫状って言っても解りにくいかもしれませんね。
正常な管を長ネギに例えましょう(笑)スラッと綺麗に管っぽいでしょっ!
Ⅰ~Ⅲ型は藁に包まれた納豆です。 孕んでいるイメージわかりますか?
因みにⅣ型は藁納豆まみれってなイメージ。 嫌なカンジ(泣)←納豆大っ嫌いなので。

そんなんですから、頻繁に炎症を繰り返してます。
(これが一番厄介です。 正直辛くて心折れかかります)
ですから、入院後も検査をし明確なプランを練り上げてオペに臨むことになるそうです。


主治医が患者の目線に立ってくれて勇気を与えてくれるので、本当に心強いです。

勇気を与えるというと表現が非常に抽象的になってしまいますが、
何も知識を持たない自分(患者)にも一つ一つ解り易く説明をいただき、
今後の道筋を明確に示してもらい、
トラブル(痛みや異変)が起きた際の対処法を教えてくれたりすることで
不安が安心に変わり、安心が信頼に変わっていくんですよね。
(以前にも、同じようなことを書いた記憶がありますが、診察を重ねる度に
 再三、再四の感心と安心をいただけるので重ねて書いてます)


これからこうなってこうしていくんだ。
こうなったらこう対処すればいいんだ。 こういった心のスペックって結構大事なんですよね。


さて、また前回の手術同様、入院前に一度更新するかと思います。
病気に関する情報更新は退院後になるかと思いますが、
なるべく詳しく報告できればと思っています。(メモ帳持参で乗り込む予定)

・・・

ってのが基本路線ではあるのですが、正直わかりません(泣)


というのも今度、
胆のう炎か胆管炎、膵炎が再発した場合は強制入院。

炎症時には肝臓がとても疲弊しているらしく手術ができないみたいです。
臓器の安定を確認できるまで院内で静養し、回復してから
手術の日取りを決めることを医師から約束された。

もちろん、このまま今回の胆のう炎が無事に治まり、来月初旬に臓器が回復していれば
予定通りの計画で進んでいくわけなんだけど。


要は、オイラのカラダ次第。
 

炎症に関しては、イエローカード喰らってるので(表現可笑しいかっ)次回はレッド。
拒否権が使えない強制入院になってしまうから・・・まぁ、なるようになるさっ(笑)

まぁ、掻い摘んで言えば次回の記事が、入院前最後の記事になるか?今回で最後になるかは
なってみないとわからないよってな話。



え~最後に。
今後、私と同じような病気に向き合う人に向けて、
少なからずの情報提供と実体験に基づいた報告を残すことで何かしらの参考になれば幸いです。


続きをクリックすると、入院前の私の血液検査の一例を記述しておいたので、
確認したいことがあればご参照ください。





現在の(昨日の結果)私kiraraの血液検査の一例です。( )内の数値は基準値です。
同じように通院時に検査を受けた際に、ご自分の数値と比較される際にご参考になればと思い
公開致します。


 

AST 340(9~38)
ALT 293(4~36)
ASTやALTは、炎症などによって体の細胞が壊れると血中に流出するため
増え方で障害の程度がわかるみたい。

LD 472(125~237)
体内の多くの細胞に存在する酵素で,細胞が壊れると血中に流出し,
壊れる細胞が多いほど上昇します

γ-GTP 730 (4~68)
胆汁の流れ(肝~胆道~腸)に障害を生じると増加します.
またアルコール多飲により増加します。(いやっ、呑んでないってマジで)

T-Bil(総ビリルビン)4.8(0.3~1.3)
黄疸(おうだん)の程度を測定します。肝臓や胆道に異常があると増加します

GLU 123 (75~105)
血糖値の数値

CRP 4.4 (0.30 以下)
組織崩壊性病変で増加する蛋白の一つで炎症性病巣の存在や病変の活動性、
障害程度を鋭敏に反映する代表的な炎症マーカー

白血球 17,000 (3,500~8,500)
白血球の数。白血球は体内に侵入した細菌や異物と戦い、カラダを守ります。
感染症や炎症を起こしているときは白血球が増えます。




他の(上記に明記していない)数値は、ほぼ正常の数値でした。

私は現在胆のう炎を患っている為、肝機能を示す数値が若干?高め。
発症時(3日前)に比べればだいぶ落ち着いたけど・・・ねっ(笑)

ただ胆のう炎で死亡する人もいるらしいので、入院を強く薦められましたが、
胆のう炎は何度も経験しているし、今回よりも酷いと感じた状態も経験しているので
辛く苦しいのは事実ですが気持ちに多少の余裕があったのも事実。 ベテランの域←唯の勘違い

一般的には胆のう炎発症時は入院することを私も相当強く薦めます。
腹膜炎や敗血症といった合併症を引き起こす可能性もあるし、何より激痛ですから(泣)

っていうか、ネットで調べていたら胆嚢炎・胆管炎の症状が出た時は
緊急の処置が必要なので、早急に医療機関への受診が必要と書いてありました。 ご参考まで。

因みに私が我慢している理由は、ただの金欠野郎だからです。
普通に貯蓄し、普通に適切な保険に加入していれば、我慢せずに
普通に(とっくに)入院しています。ですから我慢系の記事は普通にスルーしてください。

来月から入院するのはFP的理由があるんですよねっ
医療保険という強力な武器が無い自分には、制度の活用で何とか凌ぎたいわけです。

それはまた別のお話。

また更新します。


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://104dekirara.blog14.fc2.com/tb.php/365-14bfabfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トレード «  | BLOG TOP |  » あと1週間

進んでいこう☆愛の道、幸の道へようこそ♪

変わっていくもの          変わらないもの %そんなstyle   こんな道

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ブログ内検索

ブログ成分分析

進んでいこう☆愛の道、幸の道の成分分析

ブログランキングに
参加しています


いつもありがとうございます
o(^∇^)o
ランキングにご協力ください

RSS登録用

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

星占い

KIRARAの近況を
CHECK!

ブログ開始から何日経った?

mixi me!!

今日はどんな日?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。